blog index

京都アダルトサロン

独自性と溢れる文化の集合体が新しい時代の扉を開くと勝手に思っている人のいーたいほーだい
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
万福寺 まんぷくじ
《黄檗宗本山中国様式の大伽藍、普茶料理》

◆明代中国様式が垣間見えるちょっと変わった禅寺。
安置してある尊者や表に掲げてある額等の書を観よう。
天王殿や大雄宝殿は普通の禅寺にはなく大屋根の反り・総門の形・吊灯・額の書がチャイニーズ。
漢門・大雄宝殿に大屋根の両端にある装飾瓦はワニ。
これを摩伽羅(まから)といい聖域結界の鎮守。
天王殿の方柱は高級洋材の材チーク。
蛇腹天井、円窓、桃戸・石條(参道)・祖師堂入り口は氷烈文の石畳(同じ形の石がない)等見るべきものが多い。

★トレードマークの魚梆(ぎょほう)かいぱんも印象的。
寛文元年(1661)中国/明より招かれた隠元隆が建立した黄檗宗の総本山で以来13代まで中国より僧が招かれ日常会話も中国語が使われた。
明時代の中国様式で配置される伽藍に圧倒されます。
門前の普茶料理店/白雲庵が有名。

●黄檗山/黄檗宗

JUGEMテーマ:旅行
| なむ&まおす | その他の宗派 | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
曼殊院門跡 まんしゅいんもんぜき
《紅葉の名所/幽霊の掛け軸/霧島ツツジ》

◆明るい渡り廊下を進んでいくと大書院前の美しい庭園が眼前に広がる。
限られた面積の中に立体感のある作庭で楽しい。
自分好みの建物内は一様に明るく雅やか。
富士型七宝焼きの釘隠や欄間の造作・襖の模様などは遊び心いっぱいの設え。
良尚法親王は多芸者らしく門跡のいいところが随所に現れている結構お勧めの一刹。
八窓軒茶室は別に¥1,000必要。

★良尚親王が明暦2年(1656)再建造営された門跡寺院、緑豊かな庭園の見事さに加えて寄棟造りの書院随所に見られる/瓢箪の引き手/富士の釘隠/縁の梟手水/など洗練された小物が素晴らしい寺院です。
曼殊院本と呼ばれる古今和歌集など国宝指定の書を多く所蔵する。
秋の紅葉と春の霧島ツツジの頃は一段と華やかな風情になります。

●天台宗

※天台宗五箇室門跡(ごかしつもんぜき)・三不動

JUGEMテーマ:旅行
| なむ&まおす | 天台宗 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
松尾大社 まつおたいしゃ
《お酒の神様/5月の山吹の花が見事です》

◆山門と本殿は立派、時々見る金剛力士の代わりのような平安壮士の像にもそれぞれ阿吽形がある。
松尾造といわれる屋根に注目、前後同じ長さの流れが特徴の屋根とてっぺんの箱棟を見ておきたい。拝観料を支払って入るほどでもない庭園と紫陽花園、夏は冷房の利いた宝物館。
霊泉亀の井の水を汲みに来ている人がたくさんいたが水の出が細いのでかなり待たされている様子。
お酒の資料館なるものもある。

★平安遷都以前からの神社で平安期は賀茂神社と並び王城守護の社として大切にされていました室町以降は酒造の神として信仰を集める。
境内/亀ノ井の名水が酒に変わった逸話は有名です。
4月20日頃は境内の山吹が見頃となり大勢の見物人が訪れます。

●大社

JUGEMテーマ:旅行
| なむ&まおす | 神社なので神道などの信仰 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ