blog index

京都アダルトサロン

独自性と溢れる文化の集合体が新しい時代の扉を開くと勝手に思っている人のいーたいほーだい
<< 源光庵 げんこうあん | main | 弘源寺 こうげんじ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
光悦寺 こうえつじ
《本阿弥光悦の屋敷跡/紅葉名所》

◆寺部分は手前だけで七つの茶室が散在する遊び心満載の庭園内は寺院と言うには雰囲気が少し違う気がする。
宝物館(藏)の展示品から俵屋宗達・尾形光琳などとの関係が解り驚嘆。
下の芸術村の紅葉もいいかも。

★本阿弥光悦の屋敷跡を後に寺としました。
元和1年(1615)徳川家康は光悦に鷹ケ峯のこの地を与え京見峠から京への周山街道入り口の警備をさせたと伝わっています。
光悦は刀/蒔絵/絵画/陶芸…の職人を住まわせ芸術工房を営みました本阿弥一族の墓が庭園内にあります。
庭園中央の臥牛垣と呼ばれる垣根周りの紅葉が素晴らしいです。

●大虚山/日連宗
| なむ&まおす | 日蓮宗 | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:17 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://namuandmaosu.jugem.jp/trackback/33
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

bolg index このページの先頭へ