blog index

京都アダルトサロン

独自性と溢れる文化の集合体が新しい時代の扉を開くと勝手に思っている人のいーたいほーだい
<< 梨木神社 なしのきじんじゃ | main | 南禅寺 なんぜんじ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
南禅院 なんぜんいん
《南禅寺発祥の地》

◆贅沢な庭園はやはり完成度が高い。
隙のない作庭にしばしみとれる。
天井の高い茶室はなかなか。
この庭には下りて回遊できる。
井出の蛙はいなかったけど…。

★南禅寺発祥の地とされる寺院。
応仁の乱で荒廃したところ、1702年に徳川綱吉の母、桂昌院らの寄進で再興。
鎌倉時代後期の池泉回遊式庭園で、無窓国師の作庭と伝わる。
方丈の西は苔の庭、南には曹源池が広がり、石組みから滝壺に落ちる水音が庭園に響きわたる。
吉野の桜、難波の葦、龍田のカエデなどを移植して作られたという風流な庭園で、背後の東山の借景とあわせ楽しむことができる。

●臨済宗南禅寺派・南禅寺塔頭

JUGEMテーマ:旅行
| なむ&まおす | 臨済宗(禅宗のひとつ) | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:22 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://namuandmaosu.jugem.jp/trackback/102
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ